Company Information

Corporate History

2004
2004年3月
腫瘍溶解ウイルスの研究開発及び分子標的抗腫瘍薬の研究開発を目的に、「オンコリスバイオファーマ株式会社」を東京都港区に設立
2005
2005年5月
テロメスキャン®(OBP-401)が、NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の平成17年度「分子イメージング機器研究開発プロジェクト/悪性腫瘍等治療支援分子イメージング機器研究開発プロジェクト」の助成事業に採択
2006
2006年3月
米国食品医薬品局(FDA)へテロメライシン®(OBP-301)の治験申請(IND)を実施
2006年6月
Yale大学(米国)と新規HIV感染症治療薬の全世界における独占的ライセンス導入契約を締結し、OBP-601(Censavudine)として研究・開発に着手
2006年7月
東京都港区六本木3丁目 青葉ビルに本社移転
2006年10月
京都研究センターを京都府京都市に開設 テロメライシン®(OBP-301)の日本国内特許(特 許第3867968号)
2006年10月
テロメライシン®(OBP-301)のPhase I 臨床試験を米国にて開始
2007
2007年6月
Tacere Therapeutics, Inc.(米国)と新規C型肝炎治療薬OBP-701に関する戦略的共同研究契約を締結
2007年9月
第5回日本バイオベンチャー大賞文部科学大臣賞受賞(主催:フジサンケイビジネスアイ)
2007年11月
京都研究センターを兵庫県神戸市に移転し、神戸研究センターとする
2008
2008年3月
Medigen Biotechnology Corp.(台湾)とテロメライシン®(OBP-301)に関する戦略的提携契約を締結 米国食品医薬品局(FDA)へOBP-601(Censavudine)の治験申請(IND)を実施
2008年5月
OBP-601(Censavudine)のPhase Ia 臨床試験を米国にて開始
2008年8月
フランス保健製品衛生安全庁(AFSSAPS)へOBP-601(Censavudine)のPhase Ib/IIa臨床試験の実施許可を申請
2009
2009年1月
OBP-601(Censavudine)のPhase Ib/IIa 臨床試験をフランスにて開始
2009年9月
OBP-601(Censavudine)の米国特許成立(米国特許第7,589,078号)
2009年10月
アステラス製薬株式会社と新規分子標的抗がん剤の全世界における独占的ライセンス導入契約を締結し、OBP-801として研究・開発に着手
2010
2010年7月
テロメスキャン®(OBP-401)が、NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の平成22年度「イノベーション実用化開発費助成金」の助成事業に採択
2010年12月
Bristol-Myers Squibb Co.(米国)とOBP-601(Censavudine)に関するライセンス導出契約を締結
2011
2011年4月
独立行政法人医薬基盤研究所と新規検査薬テロメスキャンF35(OBP-1101)の全世界における独占的ライセンス導入契約を締結し、研究・開発に着手
2011年6月
テロメスキャン®(OBP-401)を初めとする検査薬事業を承継させるために、新設分割によりオンコリスダイアグノスティクス株式会社を設立
2011年10月
Bristol-Myers Squibb Co.(米国)から第1回マイルストーンを受領
2011年11月
アメリカ合衆国およびカナダのLicensing Executives Societyの年次総会において、OBP-601(Censavudine)ライセンス導出に対して産官学連携部門の平成23年度 Deals of Distinction Awardsを受賞
2012
2012年3月
OBP-601(Censavudine)のPhase IIb 臨床試験がBristol-Myers Squibb Co.(米国)によって世界17ヵ国94施設で開始され、第2回マイルストーンを受領
2012年4月
連結子会社であるオンコリスダイアグノスティクス株式会社を吸収合併
テロメスキャン®(OBP-401)の研究目的受託検査を開始 テロメライシン®(OBP-301)の米国特許成立(米国特許第8,163,892号)
2012年8月
順天堂大学とテロメスキャン®(OBP-401)を用いた共同研究契約締結
2012年9月
独立行政法人国立病院機構呉医療センター・中国がんセンターとテロメスキャン®(OBP-401)を用いた共同研究契約締結
2012年11月
テロメスキャン®(OBP-401)が、JST(独立行政法人科学技術振興機構)の研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)の平成24年度「フィージビリティスタディ(FS)ステージ シーズ顕在化タイプ」に採択
2013
2013年2月
Geron Corporationと全世界におけるヒトテロメラーゼ逆転写遺伝子(hTERT=human Telomerase Reverse Transcriptase)プロモーターの特許について、がんに関連する検査用途での独占的な実施権の許諾に関する契約締結
2013年5月
OBP-801が、NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の「イノベーション実用化ベンチャー支援事業」に採択
2013年12月
東京証券取引所マザーズ市場に上場
2014
2014年5月
OBP-801が、NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の「イノベーション実用化ベンチャー支援事業」に採択
2014年11月
テロメライシン®(OBP-301)のPhase I/II 臨床試験を台湾にて開始
2014年11月
米国食品医薬品局(FDA)へOBP-801の治験申請(IND)を実施
2015
2014年12月
WONIK CUBE Corp.(韓国)とテロメスキャンF35(OBP-1101)の韓国でのライセンス導出契約を締結
2015年5月
エピジェネティックがん治療薬OBP-801のPhase I 臨床試験を米国にて開始
2015年7月
がん検査薬テロメスキャン®(OBP-401)をキナーゼ阻害剤の開発に特化したDeciphera Pharmaceuticals, LLC(米国)へ有償販売開始
2015年8月
第2世代テロメライシンOBP-702及びOBP-405の研究・開発に着手
2015年11月
Liquid Biotech USA, Inc.(米国)とテロメスキャン®(OBP-401)のライセンス契約の締結及び北米での事業展開に関する業務提携開始
2015年12月
がん検査薬テロメスキャン®(OBP-401)がDeciphera Pharmaceuticals, LLC(米国)の抗がん剤開発において有効性検証に用いられることが決定
2016
2016年3月
Liquid Biotech USA,Inc.(米国)より、テロメスキャン®(OBP-401)の研究開発進捗に伴うマイルストーンを受領
2016年4月
国立大学法人岡山大学大学院 医歯薬学総合科学研究科 産学官連携センター・おかやまメディカルイノベーションセンター(OMIC)に、オンコリスバイオファーマ岡山研究センターを共同研究拠点として開設
2016年5月
台湾・韓国におけるテロメライシン®(OBP-301) Phase I/Ⅱ 臨床試験の最大用量投与が完了
2016年5月
LBR Regulatory and Clinical Consulting Services, Inc.(米国)とHIV感染症治療薬OBP-601(Censavudine)に関するオプション契約を締結
2016年8月
国立研究開発法人国立がん研究センター東病院先端医療科の土井俊彦先生の研究グループと、進行性又は転移性固形癌患者を対象とした腫瘍溶解ウイルス テロメライシン®(OBP-301)と他の治療法との併用による効果検討に関する医師主導治験契約を締結
2016年8月
悪性黒色腫を対象とする米国でのテロメライシン®(OBP-301)PhaseⅡ 臨床試験のプロトコール申請を完了
2016年9月
医薬品及び検査薬のライセンス契約締結活動及び研究開発活動の加速を目的として、100%子会社Oncolys USA Inc.を米国デラウェア州に設立し、ニュージャージー州で活動開始
2016年10月
がん検査薬テロメスキャン®(OBP-401)について、株式会社 DNA チップ研究所と、去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)治療薬のコンパニオン診断薬としての可能性を検討する共同研究契約を締結
2016年11月
江蘇恒瑞医薬股份有限公司(中国江蘇恒瑞医薬股份有限公司 英語名:Jiangsu Hengrui Medicine Co., Ltd.)と、テロメライシン®(OBP-301)の中国、香港、マカオにおける独占的ライセンス契約を締結
pagetop