パイプライン

OBP-801

がん化した細胞の遺伝子構造を正常化させる

概要

OBP-801は、ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)阻害剤です。HDACの活性を特異的かつ強力に阻害することで、がん細胞におけるがん抑制遺伝子の発現を促し、がん細胞の増殖抑制や細胞死を誘導するなどの抗腫瘍効果を示すことが期待されています。
同種同効品としては、Merck社(米国)のZolinza®(vorinostat)が平成18年(日本では平成23年)に、Celgene社(米国)のIstodax®(romidepsin)が平成21年に、Spectrum Pharmaceuticals, Inc.(米国)のBeleodaq®(Beliostat)が平成26年に、それぞれT細胞リンパ腫を対象として欧米で承認・上市されており、すでに標的分子(HDAC)に対する阻害薬としてのPOCが確認されています。OBP-801は、これまでの前(非)臨床試験において、Zolinza®及びIstodax®を含む既存のHDAC阻害剤と比較して極めて強いHDAC阻害活性を示しており、幅広いがん種に対する効果が期待されます。
当社は現在米国でOBP-801のPhase I 試験を進めています。また、国内では京都府立医科大学と共に、OBP-801の眼科領域への応用可能性の検討も行っています。

OBP-801

対象疾患

肺がん、腎臓がん、中皮腫、婦人科がん等幅広いがん種に対して有効性が期待されます。

進捗状況

当社は、平成21年10月にアステラス製薬からOBP-801をライセンス導入しました。
平成26年11月に米国FDAに対しPhase I 試験のIND申請を行い、同年12月に承認を得ました。平成27年5月には、米国の治験実施医療機関において固形がん患者への投与を開始しています。このPhase I 試験は、他の治療法に抵抗性を示す進行性固形がん患者を対象に、安全性と予備的有効性などの評価を目的としています。
また、平成28年8月には、緑内障手術などOBP-801の眼科領域への応用可能性検討を京都府立医科大学と開始しています。

特許の概況

OBP-801は、平成29年1月末時点で日本・米国・欧州を含む世界20ヶ国での特許取得が完了しています。

  • (特許取得済みの国)
  • 日本・米国・アイルランド・イギリス・イタリア・オーストリア・オランダ・ギリシャ・スイス・スウェーデン・スペイン・デンマーク・ドイツ・フィンランド・フランス・ベルギー・ポルトガル・カナダ・中国・韓国

詳しくはこちらもご参照ください。

発表論文

Three-Combined Treatment, a Novel HDAC Inhibitor OBP-801/YM753, 5-Fluorouracil and Paclitaxel, Induces G2-Phase Arrest Through the p38 Pathway in Human Ovarian Cancer Cells.

Akiyama M, Sowa Y, Taniguchi T, Watanabe M, Yogosawa S, Kitawaki J, Sakai T
Oncol Res. 2017 Jan 23.

A Histone Deacetylase Inhibitor, OBP-801, and Celecoxib Synergistically Inhibit the Cell Growth with Apoptosis via a DR5-Dependent Pathway I Bladder Cancer Cells.

Toriyama S, Horinaka M, Yasuda S, Taniguchi T, Aono Y, Takamura T, Morioka Y, Miki T, Ukimura O, Sakai T
Mol Cancer Ther. 2016 Sep;15(9):2066-75.

Histone Deacetylase Inhibition in Prostate Cancer Triggers miR-320-Mediated Suppression of the Androgen Receptor.

Sato S, Katsushima K, Shinjo K, Hatanaka A, Ohka F, Suzuki S, Naiki-Ito A, Soga N, Takahashi S, Kondo Y.
Cancer Res. 2016 Jul 15;76(14):4192-204

The novel HDAC inhibitor OBP-801/YM753 enhances the effects of 5-fluorouracil with radiation on esophageal squamous carcinoma cells.

Furutani A, Sowa Y, Fujiwara H, Otsuji E, Sakai T.
Oncol Res. 2014;21(5): 281-286. doi:, 2014

A novel HDAC inhibitor OBP-801 and a PI3K inhibitor LY294002 synergistically induce apoptosis via the suppression of survivin and XIAP in renal cell carcinoma.

Yamada T, Horinaka M, Shinnoh M, Yoshioka T, Miki T, Sakai T.
013 Oct;43(4): 1080-1086. doi: 1, 2013

Combination of a novel HDAC inhibitor OBP-801/YM753 and a PI3K inhibitor LY294002 synergistically induces apoptosis in human endometrial carcinoma cells due to increase of Bim with accumulation of ROS.

Yoshioka T, Yogosawa S, Yamada T, Kitawaki J, Sakai T.
2013 May;129(2): 425-32. doi:, 2013

YM753, a novel histone deacetylase inhibitor, exhibits antitumor activity with selective, sustained accumulation of acetylated histones in tumors in the WiDr xenograft model.

Shindoh N, Mori M, Terada Y, Oda K, Amino N, Kita A, Taniguchi M, Sohda KY, Nagai K, Sowa Y, Masuoka Y, Orita M, Sasamata M, Matsushime H, Furuichi K, Sakai T.
2008 Mar;32(3): 545-55, 2008

pagetop