パイプライン

OBP-702

『ニッチながん』への応用

概要

次世代テロメライシン®OBP-702は、がんのウイルス療法テロメライシン®(OBP-301)に、がん抑制遺伝子p53を搭載した次世代テロメライシン®です。p53は正常なヒト細胞にも存在する強力ながん抑制遺伝子であり、これとテロメライシン®を組み合わせたより強力な抗腫瘍効果を持つウイルスとして開発を進めています。OBP-702を投与することで、テロメライシン®の特徴であるテロメラーゼ陽性のがん細胞において特異的に増殖し破壊する機能に加えて、がん細胞の中で発現されたp53蛋白質ががん細胞を自然死(アポトーシス)させる機能を有しています。
これまでの前臨床試験の結果では、テロメライシン®と比較し、抗がん活性が約10倍~30倍高いことが示唆されており、さらに、間質細胞(CAF:Cancer Associated Fibroblast)を破壊する機能も認められています。今後、p53遺伝子の欠損・変異が多く認められているがん種や、テロメライシン®で効果が得られにくかったがん、間質細胞の多い難治がんなど、アンメット・メディカル・ニーズを充実させる治療薬へと開発してゆきたいと考えています。

※がん抑制遺伝子p53
ヒトが持つがん抑制遺伝子の中でも最も強力な遺伝子であり、細胞内のDNA修復や細胞増殖の停止の機能を持っています。また、傷の修復ができない細胞においては、細胞の自然死(アポトーシス)を誘導し、異常な細胞を排除させる働きを担っていることが知られています。

対象疾患

各種固形がん

開発の状況

前臨床試験の段階です。
進捗に関しては、「パイプラインの概要:パイプラインの進捗一覧 」をご参照ください。
開発進捗に関する詳細は、決算短信に記載の「研究開発活動 」をご参照ください。

発表論文

Oncolytic Virus-Mediated Targeting of the ERK Signaling Pathway Inhibits Invasive Propensity in Human Pancreatic Cancer

Takeshi Koujima, Hiroshi Tazawa, Takeshi Ieda, Hiroyuki Araki, Takuro Fushimi, Ryohei Shoji, Shinji Kuroda, Satoru Kikuchi, Ryuichi Yoshida, Yuzo Umeda, Fuminori Teraishi, Yasuo Urata, Hiroyuki Mizuguchi and Toshiyoshi Fujiwara
「Molecular Therapy Oncolytics」VOLUME 17, JUNE 26, 2020, P107-117, June 2020

Elimination of MYCN-Amplified Neuroblastoma Cells by Telomerase-Targeted Oncolytic Virus via MYCN Suppression

Terutaka Tanimoto, Hiroshi Tazawa, Takeshi Ieda, Hiroshi Nouso, Morimichi Tani, Takanori Oyama, Yasuo Urata, Shunsuke Kagawa, Takuo Noda, Toshiyoshi Fujiwara
「Molecular Therapy Oncolytics」Volume 18, 25 September 2020, Pages 14-231 June 2020.

Dual Programmed Cell Death Pathways Induced by p53 Transactivation Overcome Resistance to Oncolytic Adenovirus in Human Osteosarcoma Cells

Joe Hasei, Tsuyoshi Sasaki, Hiroshi Tazawa, Shuhei Osaki, Yasuaki Yamakawa, Toshiyuki Kunisada, Aki Yoshida, Yuuri Hashimoto, Teppei Onishi, Futoshi Uno, Shunsuke Kagawa, Yasuo Urata, Toshifumi Ozaki, and Toshiyoshi Fujiwara
Mol Cancer Ther; 12(3); 314–25.

A novel apoptotic mechanism of genetically engineered adenovirus-mediated tumour-specific p53 overexpression through E1A-dependent p21 and MDM2 suppression

Yasumoto Yamasaki, Hiroshi Tazawa, Yuuri Hashimoto, Toru Kojima Shinji Kuroda, Shuya Yano, Ryosuke Yoshida, Futoshi Uno, Hiroyuki Mizuguchi, Akira Ohtsuru, Yasuo Urata, Shunsuke Kagawa,Toshiyoshi Fujiwara
European Journal of Cancer(2012)48,2282-2291, Aug. 2012

pagetop